銀行の両替手数料より安く

銀行両替手数料

 

実は、銀行の手数料に比べて超格安で外貨への両替をおこなう方法があります。

 

といっても裏技でも何でもありません。通常のサービスとして普通におこなわれています。ただ、情報が広まっていないだけです。おそらく、外貨への両替は銀行でするというのが常識になっているのと、この外貨両替方法が始まったのがここ数年くらいだからなのでしょう。

 

超格安手数料で外貨への両替をおこなう方法とは、FX外国為替取引を扱っている証券会社に口座を開いて外貨両替サービスを利用するだけです。

 

事実を知ってしまったらもう銀行では両替できません・・・

 

最も外貨両替手数料が安いFX証券会社だと、どんな通貨でも一律1通貨あたり20銭、なんと銀行の1/13.5〜1/60(通貨や銀行により違います)の格安手数料で外貨への両替をすることができます。

 

1000通貨(10万円分前後)の両替で、銀行だと米ドル約2,800円、ユーロ約4,000円、ポンド約11,000円もかかる手数料が、どの通貨でもたった200円で両替することができます。この事実を知ってしまうと、さすがに銀行で両替をする気になどなれませんね。知らない人はいくら損をしているのか検討もつきません。

 

この、1通貨20銭という最も安い手数料で外貨両替サービスをおこなっているFX証券会社を2つ紹介します。外貨への両替は簡単、ネットから口座開設して(ネットのみで申し込み完結、2営業日からで開設完了)、日本円を入金してネットから外貨両替サービスで好きな外貨に両替をして引き出すだけ。もちろん口座開設費や維持費、入出金手数料もかかりません。

 

さらに両社とも現在期間限定で、なんと全員に現金5,000円がもらえる口座開設キャンペーンをおこなっているので、終了しないうちに口座を開いておくのが得策でしょう。(こんなにおいしいキャンペーンはまたとないのではと思います。)

 

外貨両替手数料安さNo.1
ひまわり証券

外貨両替はひまわり証券
外貨両替手数料 全通貨20銭

 

口座開設して外貨取引を1回おこなうと全員に5,000円もらえます。1回米ドルなどの外貨を購入してすぐに売るだけ、数百円の手数料で5,000円がゲットできます。

 

ひまわり証券公式サイト口座開設ページへ

 

ちなみに銀行の外貨両替手数料は・・・

 

ドルへの両替
三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行 2円70銭(13.5倍)
三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行 2円80銭(13.6倍)

 

1000ドルあたり→2,700〜2,800円
ひまわり証券なら→200円

 

ユーロへの両替
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行(外貨両替店)、りそな銀行(外貨両替店)、ゆうちょ銀行 4円(20倍)
みずほ銀行窓口、りそな銀行(空港出張所) 6円(30倍)

 

1000ユーロあたり→4,000〜6,000円(!)
ひまわり証券なら→200円

 

ポンドへの両替
三井住友銀行、みずほ銀行 外貨両替店、りそな銀行(空港出張所) 11円(55倍)
ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行(外貨両替店) 12円(60倍)

 

1000ポンドあたり→11,000〜12,000円(!!)
ひまわり証券なら→200円

 

知らないだけでこんなにも損をしてるんですね・・・。

 

FX証券会社で外貨両替をするまでの手順

 

1.口座開設申し込み(15分程度。本人確認書類もデジカメで撮って画像をネットでアップロード可)
→詳しいひまわり証券の口座開設手順解説

 

2.2営業日程度で口座開設完了

 

3.銀行からFX証券会社の口座に入金(手数料無料、即時反映)

 

4.管理画面から外貨両替をおこなう
→ひまわり証券の外貨両替手順解説

 

5.銀行口座へ出金(ひまわり証券は出金手数料無料、マネーパートナーズは月5回まで無料)

 

→ひまわり証券の全員に現金5,000円プレゼントの詳細